債権回収の現場

岡崎昂裕

壮絶な不良債務者、相次ぐ顧客の死。声にならない債権回収の現場を描く。
不良債務者や裁判所との駆け引き、不正取引や社内外での確執、そして墜ちて行く不良債務者とその死――。「奴の通った跡は、瓦礫も残らない」とまで言われた元回収担当者の著者が見た、壮絶な回収の現場。
[定価]
本体価格667円+税
[発売日]
2002年07月09日
[判型]
B6判
[ISBN]
4-04-704094-0-C0295

関連書籍