物語消滅論

キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」

大塚英志

イデオロギーなき世界を動かしているのは「物語の論理」である。
国家は物語のなかのひとつのキャラクターとしてしか作用しなくなってきている。80年代に『物語消費論』を執筆した大塚が、イデオロギーなき世界を動かすのは「物語の論理」であることを看破する物語化する世界論。
[定価]
本体価格743円+税
[発売日]
2004年10月08日
[判型]
B6判
[ISBN]
4-04-704179-3-C0295

関連書籍