海戦からみた日清戦争

戸高一成

国際社会の大洋に挑む明治海軍は、いかに封建主義を乗り越えたのか?
軍備において劣勢にあった明治海軍は、大国・清といかに戦ったのか。脱派閥、リストラ、専門家育成など、封建主義を乗り越えた海軍建設の歴史を通して、日本の「近代」に改めて光をあてる。稀少図版・海戦図を収録。
[定価]
本体価格724円+税
[発売日]
2011年05月09日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-710242-2-C0295

関連書籍