日本の照明はまぶしすぎる

節電生活の賢い照明術

東海林弘靖

日本の夜は明るすぎた!?――今こそ、本当に必要な光とは何かを考える
“明るさ”に対する日本人の意識を変えてしまった震災後の節電問題。光を消せばエコなのか? 暮らしに最適な明るさとは? 世界の照明事情や日本人と明かりの歴史を交えながら“光の価値”を解き明かす
[定価]
本体価格724円+税
[発売日]
2011年08月09日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-710300-9-C0295