お化け屋敷になぜ人は並ぶのか

「恐怖」で集客するビジネスの企画発想

五味弘文

お化け屋敷の入口と出口が隣り合っている、その理由を知っていますか?
おそらく他にない「恐怖」を売り物とする、お化け屋敷。そのプロデューサーとはどんなことを考えて、そのビジネスを成立させているのか?「楽しいお化け屋敷を作りたい」と話す、著者の【緊張と緩和】理論とは。
[定価]
本体価格724円+税
[発売日]
2012年06月08日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-110260-2-C0295