まやかしの安全の国

―原子力村からの告発

田辺文也

巨大事故は人間の思い込みから起こる。安全な原発はありえるのか!
日本原子力研究所で35年、原発の安全性について研究してきた著者が、日本のような国が原発を持つことの危険性を説く。巨大事故の多くは小さな人的ミスから起こるという事実に、どう向き合えばいいのだろうか。
[定価]
本体価格780円+税
[発売日]
2011年11月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-731560-0-C0295