「個性」はこの世界に本当に必要なものなのか

共博報堂ブランドデザイン,共東京大学教養学部

ある研究者は「個性」を「呪いでもあり、運命でもある」と結論づけた――
ビジネスや社会で「個性」の重要性が叫ばれ始めて久しい。だが、その解釈はまだ定まっていない。個性の本質的な意味とは何なのか? 世の中に必要なのか? この疑問に東大の最先端研究者10名が文理両面から迫る!
[定価]
本体価格750円+税
[発売日]
2014年12月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-866827-9-C1230