産科が危ない

医療崩壊の現場から

吉村泰典

なぜ、妊婦はたらい回しにされたのか? なぜ産科医は減ってしまったのか?
産科の訴訟件数は外科の4倍、内科の8倍。リスクを恐れて産科医になる人が激減しています。医療不安が医師を減少させ、医療崩壊へとつながっている現実。医療の危機的な状況と改善に向けた取り組みを紹介する一冊。
[定価]
本体価格781円+税
[発売日]
2013年04月09日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-110454-5-C0295