政治改革の熱狂と崩壊

藤井裕久,編:菊池正史

大きな「熱狂」の次には、必ず「崩壊」が訪れる――。
平成になって四半世紀が過ぎ、昭和が歴史になっていくなかで、田中角栄から続く政治改革の熱狂と崩壊の中心地に居続けた藤井裕久。田中角栄その人に引き揚げられた著者が、その独自の視点で振り返り、警鐘を鳴らす。
[定価]
本体価格800円+税
[発売日]
2014年08月12日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-101648-0-C0295