どアホノミクスの断末魔

浜矩子

安倍1強の政治は人のためよりお国のため。働き方改革は労働者の奴隷化
安倍1強と言われているが、安倍政権が推し進めるアベノミクスはもはや破たん寸前、断末魔の叫びを上げている。
妖怪アホノミクスは、どうも「大日本帝国会社」の総帥となることを目論んでいる。全ての組織や人々をこの国策ホールディング・カンパニーの傘下に動員し、強制的に「一丸となった」体制の下で戦前回帰を実現する。
そのための足固めを急いでいるようにみえる。
こうして、その前兆がみえていた大日本帝国会社づくりが、いまや、どのような形で進行するようになっているのか。どの辺まで、その工程が進捗して来てしまっているのか。
この動きを塞き止めるために求められることは何なのか。
アメリカにおけるトランプ政権誕生という大いなる外的変化が相まって、彼らの足の運び方は一段と慌しくて、なりふりかまわぬものになっており、まさに断末魔的色彩が濃厚。
それだけに過激さも過激度が高まり、危険さも危険度を高めていることを重々意識しつつ、我々は何ができるのか、何をすべきなのかを探っていく。
[定価]
本体価格800円+税
[発売日]
2017年06月10日
[判型]
新書版
[ISBN]
978-4-04-082110-8-C0295
序章 断末魔の沈黙:アホノミクス、アホノミクスを語らず
第1章 断末魔が生む恐怖の突破口:チーム・アホノミクスの新たな施政方針
第2章 アホとトラの似て非なる関係
第3章 「大日本帝国会社」構想の全体図
第4章 大日本帝国会社の「労働社会」構想
終章 現状突破のための秘策
補論 ヘリコプターマネー、ポピュリズム、働き方を改革された某氏の一日

関連書籍