ネットカルマ 邪悪なバーチャル世界からの脱出

佐々木 閑

業(ごう)から逃れることを模索したブッダに、ネット時代の生き方を学ぶ
自らの行いが自らに帰すとする業。その思想に向き合い、乗り越える術を見出したのがブッダだった。現代のインターネットは業そのものであるとする仏教研究者が、ブッダの言葉にネット社会を生きるヒントを探っていく
[定価]
本体価格800円+税
[発売日]
2018年08月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-082145-0

(目次)

はじめに ネットカルマとはなにか

第一章 現代社会が生んだ新しい苦

仏教はストレスと闘うために生まれた
仏教前夜――古代インドでは何が「苦」だったか
ブッダの考えた業と因果
ブッダは「生きることは苦しみだ」と気づいた
「ニュートラル」に生きるとは
善の仏教的二重構造
善のインスタント化
日本的業の世界
現代社会に現れた新しい「業」と「苦」
技術には良いも悪いもない
インターネットと業
あらゆる場面が刻々と記録されていく
業の世界に神はいない
より悪質な業
いびつな因果システム
すべての人間が「歴史上の人物」になる?
忘れてもらえない恐ろしさ
世代を超えてしまう業
くり返し降りかかる業の報い
ネットに縛られた苦しみの世界を抜け出すために

第二章 ネットカルマに対抗するために

善と悪の基準は何か
ネットの中にある善悪の二重構造
ネットの価値観から離れるために
すべて建前で生きる
ネット上のサンガ
自分自身の価値観を築く

第三章 ネットカルマが襲いかかってきたら

子どもたちに負の側面を教える
「ばれないだろう」はすでに古い考え
ネット業の報いを受けている人たちをどう受け止めるか
生老病死インターネット
ネットで苦しむ人たちへの言葉
世界観の転換
共感者がいるという確信
同じ境遇の人との連携
新たな世界を作っていこうという意志

第四章 ブッダの言葉に学ぶ

時代を超えて普遍的な価値を持つ言葉
ブッダの言葉
 ダンマパダ一六〇、一〇三、五〇、二五二、一五八ほか
 スッタニパータ第三―八五七、第三―四五ほか
真の賢人の言葉

あとがき