沖縄と国家

辺見 庸、目取真 俊

基地問題の根底に横たわるこの国の欺瞞を、闘う二人の作家が告発する!
太平洋戦争中、地上戦で20万人強の犠牲者を出した沖縄。本土復帰後も広大な基地が残り、連綿と続く構造的沖縄差別。そのルーツと本土の視線にひそむ欺瞞を仮借なく暴きこの国の歴史と現在を照らし出す。
[定価]
本体価格800円+税
[発売日]
2017年08月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-082161-0-C0295
はじめに 目取真俊 第一章 沖縄から照射されるヤマトゥ 第二章 沖縄における基地問題 第三章 沖縄戦と天皇制 第四章 国家という暴力装置への対抗 おわりに 辺見庸