江夏の21球

山際 淳司

名作再び。早世した作家による野球短編だけを集めた、新しい傑作選。
日本のスポーツノンフィクションのシーンを塗り替えた表題作はじめ「スローカーブを、もう一球」「異邦人たちの天覧試合」など、山際淳司を代表する野球短編全12作品を収録。解説は河野通和氏(編集者・ほぼ日の学校長)。
[定価]
本体価格840円+税
[発売日]
2017年07月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-082162-7-C0275
第1章 江夏の21球 江夏の21球/落球伝説/バッティング投手/テスト生/ノーヒット・ノーラン/負け犬 第2章 スローカーブを、もう一球 スローカーブを、もう一球/〈ゲンさん〉の甲子園/幻の甲子園と冨樫淳 第3章 異邦人たちの天覧試合 〈ミスター社会人〉のこと/野球の故郷を旅する/異邦人たちの天覧試合