使ってはいけない集団的自衛権

菊池 英博

でっち上げの国難が日本を破滅に導く。使ってはいけない集団的自衛権
朝鮮半島外交、米中関係などを見誤り、時代遅れの外交政策で孤立する日本。しかし、「でっち上げ」の国難で破滅の道へと向かう現政権。その最たるものが集団的自衛権の行使だ。日本再生のために採るべき策とは?
[定価]
本体価格860円+税
[発売日]
2018年08月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-082234-1

でっち上げの国難が日本を破滅に導く。
使ってはいけない集団的自衛権――トランプが招く極東アジアの地殻変動

朝鮮半島外交、米中関係などを見誤り、時代遅れの外交政策で孤立する日本。しかし、「でっち上げ」の国難で破滅の道へと向かう現政権。その最たるものが「集団的自衛権の行使」だ。日本再生のために採るべき策とは何か? 米国の狙いがどこにあり、世界、東アジアのパワーバランスがどう動くかを冷静に分析、安倍政権の政策のどこに問題があり、どうすることで危機を脱せられるか。21世紀を生き抜くための日本の国家観を提示する一冊。

第1章 集団的自衛権容認で「犠牲になるのは日本」
第2章 旧戦勝国は憲法第9条を絶対に破棄させない
第3章 新自由主義で封じ込められた日本経済
第4章 新自由主義で作られた階級社会が戦争を招く
第5章 時代遅れの外交で自滅する日本
第6章 米国と中国は戦争しない、戦争できない
第7章 ドナルド・トランプと習近平の時代
第8章 トランプが変える貿易構造と極東アジアの地殻変動
第9章 日中・日韓の和解を妨げているものはなにか、どうすれば和解できるか
終章  21世紀を生き抜く日本の国家観