日本人のための軍事学

橋爪 大三郎、折木 良一

混迷の極東情勢を前に、今、日本人が身につけるべきは教養としての軍事学だ
中国や北朝鮮の軍事的驚異がひしひしと迫る昨今、もはや目を背けるだけではすまされない。日本人が知っておくべき安全保障の基礎知識から、中国、北朝鮮の軍備と戦略、さらには日本が取るべき道筋までを学ぶ一冊
[定価]
本体価格840円+税
[発売日]
2018年07月07日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-082243-3

中国や北朝鮮の軍事的驚異がひしひしと迫る昨今、多くの新聞や雑誌、テレビ、書籍が耳目を賑わせる。

とはいえ、戦後70年以上平和を享受してきた日本人にとって、軍事という概念は「悲惨」「怖い」「不幸」という感情面での印象以上の理解がなかなか難しいものかもしれない。

本書は社会学者の橋爪大三郎氏が元自衛隊最高幹部の折木良一氏に、戦争とは何か、軍とは何か、といった基礎的概念から話を聞き、現在日本が抱えている周辺国の軍事的脅威がいかなるものか、日本はどう立ち回ればいいのかまでを問う対談を収録。