売り渡される食の安全

山田 正彦

安心・安全の放棄に突き進む――なぜ日本だけが世界と逆走するのか?
私たちが日々食べるお米の安全・安心を守ってきた法律が廃止された。このままでは多様な銘柄は淘汰され、遺伝子組み換えの表示もなくなり、価格も高騰してしまう。日本の食を見続けてきた元農水大臣による緊急刊行。
[定価]
本体価格860円+税
[発売日]
2019年08月10日
[判型]
新書判
[ISBN]
978-4-04-082298-3

(目次 主なもの)

第一章 「国民を二度と飢えさせない」――先人の思いが詰まった法律はなぜ廃止されたのか
古代から受け継がれてきたお米
茨城の米は福井では育たない
寝耳に水の種子法廃止

第二章 海外企業に明け渡された日本の農業
規制改革の旗振り役が主導、審議会もパブコメもなかった
「農水省に葬式を出す」
一代限りの品種に席巻される
ゲリラ豪雨の不作も農家が賠償―一方的な契約書
農家を大企業に隷属させる

第三章 自分の畑で採れた種を使ってはいけない
巨額の損害賠償を求められたカナダ農家
モンサント法案
本丸は自家採種の禁止
拡大する例外、違反したら共謀罪で逮捕も
なぜか英語で記された農水省発表のリスト

第四章 市場を狙う遺伝子組み換えの米、そしてゲノム編集米
市場投入を待つ遺伝子組み換え米
テクノロジーがつまった大豆
殺虫力を持つトウモロコシ
スーパー雑草、スーパー昆虫の誕生
ゲノム編集を規制する外国、フリーな日本

第五章 世界を変えたモンサント裁判
司法がつきつけた320億円の賠償命令
機密文書で明らかになる数々の不正
1万3000件の裁判

第六章 世界で加速する有機栽培
アメリカのスーパーでのカルチャーショック
一人の主婦の思いが全米に広がった
ロシア、中国でも遺伝子組み換え食品を制限
給食もオーガニックの韓国

第七章 逆走する日本の食
最大400倍に緩和された残留農薬の基準
ネオニコチノイドへの懸念
「農産物はアメリカに譲渡するしかない」
食料がミサイルと同じである理由

第八章 日本の食は地方から守る
種子法に代わる条例を
地方条例の持つ強い権限
国会では種子法の復活法案が審議
地方からのうねり、止めようがない
私たちには権利がある